施設概要

大崎生涯学習センター基本方針

「夢づくり」  星空や宇宙、大崎地域の自然や歴史・文化に触れて、明るく豊かな心と大きな夢を育む

「人づくり」  世代や地域を越えた交流と学び合いを通して、明日の大崎地域を担う人材を育てる

「地域づくり」 地域住民が主体となった活動を通して、地域の絆で結ばれた明日の大崎地域をつくる

 以上の3点を重点に掲げ、大崎地域の住民の生涯学習の充実に努める。


教育長あいさつ

 大崎生涯学習センター「パレットおおさき」の運営につきましては、日頃より関係各位の格別なる御理解と御支援を賜り厚くお礼申し上げます。

 当センターは、大崎地域の生涯学習の拠点として、県北唯一の「プラネタリウム館」、さまざまな発表会や催し物に対応する最大500名収容可能な「多目的ホール」、最新のパソコン・ブルーレイに対応したデジタル編集機を設置した「視聴覚施設」を備え、その機能を活かし市町の枠を越えた交流・発信・憩いの場として圏域住民皆様のご利用により、これまでの来館者数は延べ約117万人となりました。

 しかし、開館より16年を経過し経年劣化が進んだ施設全体の修繕や設備の更新が必要な状況にあります。施設の中核であるプラネタリウム機器については、保守・維持が困難になりつつあるため、類似施設の調査研究結果を踏まえ、構成市町と協議を進めながら、更新計画を策定してまいります。

 このような状況の中で、当組合教育委員会では、プラネタリウム投影や星を見る会など星空や宇宙への興味関心を高める「夢づくり」、圏域住民が主体となって、各種生涯学習事業を展開し、世代や地域を越えた交流と学び合い促進する「人づくり」、活動する人々が積極的に地域に関わり、活力に満ちた大崎地域をつくるために事業運営や情報発信をしていく「地域づくり」の3つを重点目標に掲げ、事業展開を図っております。

 今後も、大崎地域の生涯学習の交流拠点として、子どもから高齢者までの各世代に応じた学習内容の充実と学習環境の整備に取り組んでまいりますので、教育関係者、各団体、圏域住民皆様のなお一層の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 平成27年 4月

                   大崎地域広域行政事務組合教育委員会

                   教 育 長    青 沼  拓 夫