施設概要

大崎生涯学習センター基本方針

「夢づくり」 星空や宇宙,大崎地域の自然や歴史・文化に触れて,明るく豊かな心と大きな夢を育む

「人づくり」 世代や地域を越えた交流と学び合いを通して,明日の大崎地域を担う人材を育てる

「地域づくり」地域住民が主体となった活動を通して,地域の絆で結ばれた明日の大崎地域をつくる

 以上の3点を重点に掲げ,大崎地域の住民の生涯学習の充実に努める。


教育長あいさつ

 
 大崎生涯学習センターの運営につきましては,日頃より関係各位の格別なる御理解と御協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延し,国内でも猛威を振るっております。この大崎地域での感染拡大も深刻な脅威となっており,当センターにおいても,地域での感染拡大を防止し,参加者の健康と生命を守るため,4月29日に予定していたこどもパレットタウンをはじめプラネタリウム投影,星をみる会などの各種自主事業の中止,貸館の制限または休止などを実施しております。イベント中止で残念な思いをされた皆様,施設利用ができず不便な思いをされている皆様には,大変申し訳なく思っております。
 当センターは,圏域住民の生涯学習拠点施設として,平成10年に開館いたしました。令和2年度も,開館以来掲げてきました「夢づくり」「人づくり」「地域づくり」の三つの基本方針の下で,圏域住民皆様への総合的な生涯学習機会の提供を行うとともに,生涯学習推進事業・プラネタリウム事業・視聴覚情報事業の3事業を展開し,大崎地域の生涯学習振興に寄与してまいります。
 その目標達成のため,今年度も各種事業を計画しております。特に,1億個の星々と全天周デジタル映像が織りなす絶景プラネタリウムの投影充実,希望するすべての小学校が来館できるようバスの借上げと費用負担を行うプラネタリウム学習支援事業,地域住民やボランティアが主体となって行う各種生涯学習イベント,パソコン教室や教材貸出し等の視聴覚教育支援及び地域への情報発信に力を注ぎます。
 一日も早い事態の終息を願いながら,事業再開に向けて,安心して施設利用をしていただけるよう万全な対策と準備を行っているところであります。
 なお,視聴覚教材の貸出サービスや施設利用予約受付,生涯学習相談についは,4月末現在,業務を継続しております。お気軽にお問合せや御相談をいただきますようお願いします。
 今年度も,笑顔あふれる交流と学び合いの場となるよう,地域に根差した運営に努めますので,皆様のより一層の御理解と御協力をお願い申し上げます。

令和2年5月

大崎地域広域行政事務組合教育委員会
教 育 長 熊 野 充 利


大崎生涯学習センター施設概要

所  在  地  : 宮城県大崎市古川穂波三丁目4番20号
敷 地 面 積  : 17,659.00㎡
建 築 面 積  : 3,531.70㎡
延 べ 面 積  : 4,174.68㎡
構 造 階 数  : 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 一部二階建
プラネタリウム  : ドーム径18m傾斜型 客席158席
多 目 的 ホール  : 客席336席(可動椅子) 控室2室
視 聴 覚 施 設  : メディア研修室 視聴覚室 スタジオ 教材開発室
会 議 室 等  : 研修室2室 伝統文化室(和室) みんなの部屋
そ  の  他  : 天体ドーム(ドーム径4m) 事務室 カフェテリア
           駐車場(190台駐車可能)