プラネタリウム番組

 

2017年4月29日(土)リニューアルオープン
東北初!1億個の星々が織りなす「絶景プラネタリウム」
── 誰もが宇宙飛行士になれる場所

<新しいプラネタリウムの4つの特色>

その1 実写パノラマ映像 体感できる全天周デジタル映像

その2 自然で美しい本物そっくりの星空 6等星までの星の色をすべて再現

その3 全天周デジタル映像の視聴覚効果 88星座絵・線すべてが投影可能

その4 1億個の星空と迫力ある宇宙映像 天の川はすべて星で再現

 大崎生涯学習センターの最新型光学式プラネタリウム「ケイロンⅢ」は、直径18mの158席、25°傾斜型ドームに17.5等星までの1億個の星々を映し出し、自然で美しい本当の星空の下で眺めているような、息をのむほどの感動的な星空を再現できます。
また、4Kプロジェクター2台による大迫力の全天周デジタル映像では、実写パノラマ映像のほか、地球から太陽系、銀河系外から宇宙の彼方までの宇宙旅行が可能となります。さらに、この2台の機器が完全連動し、感動的で臨場感あふれる星空や宇宙が再現されます。
その他、広々とした車いすスペースや小さなお子様と一緒に座れるファミリーシートの新設、見やすい場所へ新たに座席を配置するなど、観賞しやすく心地よい空間を目指して場内の改修も行いました。

ぜひ新しくなったプラネタリウムのご利用をお待ちしております!

── 家族で、地域で、星空を見上げてみませんか?


★ 秋のプログラム 9月2日(土)~11月26日(日) ★

◇一般投映日◇
土曜・日曜、祝日
※休館日 月曜日・祝日の場合翌平日
平日は団体投映専用です。
11月12日(日)は人形劇フェスティバルのため投影内容が変更になります。

時間 投 映 内 容
10:00 星座生解説(15分)
+「宙ガール☆篠原ともえのレッツスターウォッチング」(30分)
11:10 星座生解説(15分)
+「ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検3 地球のふしぎ」(30分)
13:30 星座生解説(15分)
+「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」(30分)
14:45 「おおさき星空散歩」
季節の星座&月ごとのテーマ生解説(50分)
9月 天の川銀河、10月 土星の環、11月 誕生日の星座

番組名をクリックすると番組紹介ページが開きます。

★「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」と「宙ガール☆篠原ともえのレッツスターウォッチング」は11月26日(日)で終了です。

★番組をご覧になった方に先着特典があります。
「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」特製絵はがき2種類
「宙ガール☆篠原ともえのレッツスターウォッチング」特製宙ガールステッカー
数量限定、なくなり次第終了。

「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」の実際に撮影で使用したセットの展示は10月3日で終了いたしました。



冬のプログラムは12月2日(土)から始まります!

【新番組】
「オーロラの調べ 神秘の光を探る」
KAGAYAスタジオ作品
http://www.kagayastudio.com/aurora/

【再投影】
忍たま乱太郎~太陽系のおともだちの段~

10時00分 忍たま乱太郎~太陽系のおともだちの段~
11時10分 オーロラの調べ 神秘の光を探る
13時30分 ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検3 地球のふしぎ
14時45分 おおさき星空散歩


◇プラネタリウム観覧料◇
一般・大学生 600円(団体480円)
高校生    300円(団体240円)
小・中学生  200円(団体160円)
幼児     無料

●チケットは各投映15分前より販売いたします。
●全席自由150席、各回入れ替え制。
●学童パスポートをお持ちの小中学生は、無料となります。
●団体料金は有料20名以上より適用となります。
●団体での利用は事前予約(6か月前より受付)が必要となります。
●投映が始まってからの途中入場はできません。
●都合により、投映内容や時間の変更、臨時休館の場合もあります。


◇プラネタリウム座席表(クリックで拡大)◇


◇ファミリーシート◇
最上段の両端には、2つの席が繋がったゆったり座れる席「ファミリーシート」を新設いたしました。小さなお子様と一緒に座る方が優先です。

◇車いすスペース◇
大人用車いすが2席入る、広々とした車いすスペースが2階にあります。エレベーターをご利用ください。

 


◇過去のプラネタリウム投影機「ヘリオス」◇
1998年8月8日~2016年11月27日に18年間の投影を終えました。プラネタリウム投影機GSS-HELIOS(ヘリオス)は7.4等までの25,000個の星々を表現し、音や映像とともに、本物に近いイメージで星空を再現して、多くの方々に親しんでいただきました。

プラネタリウム館の出口に、アストロビジョン映影機、恒星投影機などと一緒に展示しております。新しい投影機「ケイロンⅢ」と大きさを比べてみてくださいね!