大人の天文塾

プラネタリウムで学ぶ楽しい天文学
同じ日の午後7時半から開く「星をみる会」の前に開催しています

◇大人の天文塾◇
日 時:毎月1回 16時00分~17時30分
受 付:15時40分~
場 所:プラネタリウム館
料 金:無料
申 込:不要

「大人の天文塾」は、参加者同士の交流と学び合いを楽しみながら、初歩の天文学に触れる講座です。毎月参加すれば身近な天体から広大な宇宙のしくみや謎解きまで、天文学の基本をひととおりマスターできる連続講座です。天文学を学びたいシニア世代の生涯学習はもちろん、中高生の理科学習にも役立つ内容です。新しくなったプラネタリウムも活用し、楽しい天文学を学びます。お子様連れのご参加も歓迎します。「星をみる会」で実際に観察すれば、楽しさ88倍です!

2019年度学習計画表 各月のテーマと主な内容

★4月13日(土) テーマ「初歩の天文“楽”」
・今月の星空(月、アルファルド)
・天文”楽” こと始め(一年間の学習内容について)
★5月11日(土) テーマ「太陽・地球・月」
・今月の星空(月アルギエバ、レグルス)
・地球と太陽、月の大きさ比べ ・太陽の動きと地球の自転
・月の満ち欠けと月の動き ・太陽の動きと地球の1年
★6月8日(土) テーマ「天体の1日の動き・1年の動き」
・今月の星空(アルクトゥルス、スピカ)
・太陽の周りを公転する地球 ・星の1日の動き「日周運動」
・星の1年の動き「年周運動」
7月7日(日) テーマ「太陽系天体の特徴」
・今月の星空(七夕の星、木星)
・太陽系の天体たち
★8月3日(土) テーマ「月と地球、内惑星」
・今月の星空(木星、土星、アンタレス)
・私たちの星、地球の姿 ・月の表面と内部 ・月の環境と誕生
・太陽に最も近い「水星」・謎多き惑星「金星」
(※8月の星をみる会は18日パレット夏まつり内で開催)
★9月28日(土) テーマ「外惑星」
・今月の星空(木星、土星、夏の大三角)
・となりの赤い惑星「火星」 ・巨大ガス惑星「木星」
・美しい環を持つ惑星「土星」 ・氷の惑星「天王星」と「海王星」
★10月19日(土) テーマ「太陽系小天体と太陽系の広がり」
・今月の星空(海王星、土星、フォーマルハウト)
・探査に注目が集まる「小惑星」 ・尾を引く天体「彗星」
・「流れ星」と「隕石」の正体 ・太陽系天体の公転軌道 ・太陽系の果て
★11月16日(土) テーマ「星の明るさと距離」
・今月の星空(ミラ、デネブカイトス、メンカル)
・太陽の近くにある恒星 ・恒星までの距離 ・恒星の明るさ 
・明るさのかわる恒星
★12月14日(土) テーマ「星の色と大きさ」 
・今月の星空(天王星、すばる)
・恒星の色 ・恒星の大きさ(直径と質量) ・恒星が集合している場所「星団」
・重力が結びつけた双子星「連星」 ・恒星の分類
★1月11日(土) テーマ「星の一生」
・今月の星空(月、ベテルギウス、リゲル)
・恒星の一生 ・恒星の誕生 ・恒星の最後の姿
★2月22日(土) テーマ「天の川と銀河」
・今月の星空(シリウス、プロキオン、オリオン大星雲)
・私たちの天の川銀河(銀河系) ・天の川銀河(銀河系)の構造
・さまざまな銀河 ・引きつけ合う銀河 ・惑星を持つ恒星
★3月14日(土) テーマ「宇宙の歴史」
・今月の星空(冬のダイヤモンド)
・宇宙の構造 ・相対性理論と宇宙 ・宇宙の誕生 ・膨張する宇宙 ・宇宙の終焉

◇「プラネタリウムで見る今月の星空」及び「プラネタリウムで学ぶ楽しい天文学」を紹介していただける方募集◇ 
資料作成やプラネタリウム操作は職員がサポートします。中学3年生程度の知識で理解できるような平易な内容ですので、気兼ねなくどうぞ。内容や用語は、下記の参考図書に準拠しています。参考図書は、大人の天文塾会場に何冊か用意するほか発表者や講師に貸出しが可能です。
(1)「天文学の図鑑」 監修:縣秀彦 著:池田圭一 発行:技術評論社
(2)「藤井旭の天文年鑑」 著:藤井旭 発行:誠文堂新光社

(*'▽')興味のある方は、「大人の天文塾」にご参加された際に、パレットおおさきの担当にお話ください。電話でのお問い合わせも気軽にどうぞ!

<申し込み・お問い合わせ>
パレットおおさき(大崎生涯学習センター)
〒989-6136
宮城県大崎市古川穂波三丁目4番20号
TEL:0229-91-8611(開館日の17時00分まで)
FAX:0229-91-8264


★星をみる会 
同日に開催します「星をみる会」にも、ぜひご参加ください♪
パレットおおさきの屋上天文台で季節の星座や月、惑星、星雲星団、二重星など見やすい天体を観望する会です。




※pdfファイルはこちら